経済学部

keizai

お金だけではない

辞典を見ると経済学とは経済現象を研究する学問と書かれています。
大学で学ぶ経済学は生産や売買、消費などこの世界で行われている経済活動について全般的なものです。
お金のことについて深く学ぶという捉え方をされている方も少なくありませんが、経済学には、人がかかわり社会がかかわり、決してお金だけの学問ではないという事がわかります。

経済の事以外でも幅広い知識を持ち、時事に精通した内容が多く、経済学は法学同様、基礎のほか現代の問題についても深く入り込む学問といっていいでしょう。
経済についての倫理、理論、基礎を経済学の中でしっかり学び、年度ごとに多様化する経済学について柔軟性をもって勉強していくのが経済学部といっていいでしょう。

経済学が取り組む問題

経済学部では生産や売買、消費などの経済活動について、係る人、社会などの関係性を見ながら検証し、実際の社会生活に役立てていくための学問を学びます。
社会が大きく変化している今、昔の経済学と現在の経済学では係る分野が広くなり、多様化しているといえます。

貿易に関しても企業の海外進出があり、現在は撤退する企業も出てきています。
海外投資が活発に行われるようになっている現代では、以前範囲内ではなかった海外投資に関しても、経済学部で取り上げる学問です。

地球環境についての問題も一見関わり合いがなさそうなのですが、地球環境を壊す事のない生産や消費が必要となれば、その経済活動について経済学部で学ぶ必要が出てきます。
国内、世界各国で起こる日々の関連問題について対応していかなければならないのが経済学であり、その経済学に深く精通していくための学問を経済学部で学ぶのです。

経済学部のカリキュラムは?

経済学については変化する内容が多いという事があり、現代起っている経済問題を理解するマクロ経済学などの科目があります。こうした理論が現実に起っている問題に当てはまっているかどうか統計学なども学びます。
もちろんこうした現代の経済学が構成されてきた経済の歴史や学説などにも注目した科目があります。
これらの科目を必修、選択などで様々な面から学ぶことが可能です。
経済学部のカリキュラムについては、こちらのサイトも参考になります。
>>青山学院大学 学びの特色とカリキュラム

経済学部では実際に経済活動を行っている企業の代表や財界人などを招き、その業界の歴史や業務の構成、さらにその業界の経済問題についてなど講義してもらう事もあります。
生きた経済学を学ぶチャンスも多く、様々な分野の著名人からのお話を聞けるという魅力もあるのが経済学部です。

経済学部卒業後の就職先は?

経済学部はまさしく経済学を学ぶ学部なので、就職に強い学部といわれています。
幅広い職種に雇用先があり、銀行や商社、IT関連、また保険などに関する業務についても、就職先があります。
将来独り立ちも可能となる税理士や公認会計士などを目指す学生も多く、経済学部で学ぶ傍らこうした資格試験の教室に通うなど、ダブルスクールで資格取得を目指す方もいるのです。

各大学で様々な専門分野に特化した科目を持っています。
商社に就職を絞っている方には商社論、公務員など地方自治体に就職を考えている方には地方財政論など、将来を見据えた学問の選択ができるのも現代の経済学部の魅力といえます。