東進ハイスクール

首都圏展開をしている

全国展開を行っている予備校もありますが、東進ハイスクールは首都圏中心、また一部関西地方にも展開しています。
首都圏が主、ということは地方にいたら東進ハイスクールの授業をうけることはできない、ということもありません。
東進ハイスクールは自宅受講コースもあるので、このコースを選択すれば、東進ハイスクールがない地域でも、東進の講座と同じような内容の学習ができます。

受験される方すべてが集団に強く、積極的に先生に質問できるとは限りません。
大勢の中に入ると萎縮してしまう、初めて出会う人に弱いなど、性格によって集団型授業が向かない学生さんもいます。

在宅なら、一番リラックスする状態で学習できるということなら、東進ハイスクールの在宅受講コースを利用されてみてはどうでしょう。
非常に質の高いテキストで、この在宅受講校コースだけで学習を進め国立有名大学に入学された方もいるくらいです。

夏期講習や冬期講習を利用して

東進ハイスクールでもほかの予備校同様、夏期、冬期それぞれで講習があります。
夏、冬、長期休暇はぐっと成績が伸びる時期でもあり、逆にがくんと成績が落ちる時期でもあります。
特に夏は、夏を制する人は受験を制すといわれるほど、学年の違い無に学力も向上していく時期です。
長期休暇時期は生活のペースも乱れやすく、さぼり気味になる生徒さんも多いので、夏、冬など長期休暇の時こそ、しっかり勉強し、ぐっと成績が上がった!と感じられる勉強をしていくといいでしょう。

センター試験本番レベル模試

それぞれの予備校で模試がありますが、東進ハイスクールで行われている模試では、センター試験の本番レベル模試がおススメです。
センター試験同様、マークシート式の問題が出題され、さらに英語のリスニングも実施されるという熱の入れようです。
センター試験と同じように進めるので、本番対策に利用される方も多いです。