医学部

igaku

社会的責務を背負っている

医学部といえば大学の学部の中でも将来、医師など医療従事者になる金の卵がいる学部というイメージがあります。
生きている限り全く病気をせず人生を送るという方はほとんどいないでしょう。
医師がいなければ治療を受ける事もできませんし、医療分野の研究が進まなければ、よりよい治療を受けることもできません。

医学に関する研究、教育を行い、医学を専門的に学ぶことができるのが医学部です。
当然、医学部に入るためには幅広い知識、高い学力が必要となりますし、それだけではなく、患者に対応できるコミュニケーション能力も医療技術も必要です。
こうした教育、臨床、研究は医学部の社会的責務といわれ、これらに関連する学問の基礎知識、さらに技術を大学でまなび、さらに卒業後の研修等を行う事によって医療従事者として活躍できる人材となります。

生活習慣病から移行する合併症、がんや脳卒中、心筋梗塞などの死につながる病気などについての治療は日々、進化しています。
この医療レベル、医療技術の向上を学問の中に取りいれながら学生に学ばせることが必要です。
そのため、医学部では学生でありながら臨床実習棟をこなし、医療現場を実際に経験する事でその社会的責務の重さを知っていく事も必要なのです。

医学部の学科

医学部には様々な学科があります。
医学科は歯学を除いた医学を学ぶ学科で、歯学を専攻したい方は歯学科を専攻する事になります。
医学科は薬学と同じように6年制です。

看護師や保健師を目指す方は看護学科、臨床検査技師、作業療法士などを目指す方は保健学科があります。
大学によっては保健学科に看護師等の養成課程がありますので、学科の確認をしてみましょう。
この他、6年制の薬学化などがありますが、どの大学にもすべての学科があるとは限らないので、自分が何を目指しているのか、しっかり目標を立てて学科を選択していく事が重要です。

競争率の高さは群を抜く

医学部といえば医学科を指す日本において、医学部の大学受験は非常に難しく、なおかつ志望者の競争率が高い事でも有名です。
有名大学の医学部に入学する方には浪人生も非常に多く、国立有名大学医学部となれば3浪以上も珍しくありません。

またそのほかの学部と違い、社会人入学者が多いことでも珍しい学部です。
社会人となってからも、医師となる志を持ちが勉強を重ね、医学部受験にチャレンジし合格を果たす人も多いという事は、それだけ現役受験生も競争率が高くなるという事がいえます。

バブル全盛期には医者になるよりも一流商社に就職する方がいいという状態でしたが、バブルが崩壊し民間企業の倒産が継続していることで、医師という国家資格を持つ職業に就きたいという傾向が強くなります。
そしてさらに医学部受験は非常に競争率の高い学部となったのです。
経済がしっかりと安定しない時代が長く続いていることから、学費の高い私立大学に行くよりも国公立大学へ入学したいという願望もあり、国公立大学医学部は非常に人気が高くなり、よって競争率も高くなっています。